真空注型

樹脂材料で少量ロットの試作品を創るときに最適な加工技術が「真空注型」
アドバンスは、真空注型の元となるマスターモデルを
切削加工、3Dプリンター・光造形の各製造方法によりスピーディーに作成
国内外に設備された高機能の真空注型装置で複製品を製造しています

真空注型は、金型の代わりにシリコーン型を用いて複製品を製造する工法です。
2液性硬化樹脂を真空下でシリコーン型にキャストすることで、極めて精巧な複製品が得られる加工技術です。
材料はABSグレード、PPグレード、POMグレード、ゴムグレード、透明、耐熱など豊富なバリエーションを準備しています。
着色注型やインサート注型などのご要望も承ります。

少量成型には樹脂型の真空注型が最適

大量に合成樹脂を成型する方法では、高温高圧の環境のもとで熱可塑性樹脂を金型に流し込む「射出成型」が主流です。射出成型では金型製作と高温高圧の成型設備が必要になるため製作期間とコストがかかり、少量の試作品製造には向きません。
そのような場合は、マスターを用いてシリコーン樹脂で型を作製し、
少量ロットに柔軟に対応できる真空注型をお勧めしています。

少量成型には樹脂型の真空注型が最適

真空注型法とは

真空槽の中にシリコーン型をセットして減圧下で製品となる材料を流し込みます。
その後に常圧に戻すことで、大気圧の差を利用してシリコーン型の隅々まで樹脂を押し流すことにより成型される技術方式です。
減圧下で一連の作業を行うことで、製品樹脂内の気泡が抜けシリコーン型に隙間なく
樹脂が行きわたり精密な複製品を得られることから、樹脂の試作品製造にしばしば
選ばれる加工技術です。

真空注型法とは

真空注型

短納期である程度の数を・・・試作品では予算を抑えた上で、多数の部品を必要とする事が出てきます。そんな時は当社の注型技術を一度お試しください。大きなものから小さなものまで、サイズに合わせた最良の方法をご提案いたします。

精度とスピード、1歩1歩築き上げてきたお客様からの信頼度。お問合せをお待ちしております。

マスターを作ります

マスターを作ります。

マスターの型を作るためにシリコンを流します

マスターの型を作るために
シリコンを流します。

シリコンが乾燥したら型を割ります

シリコンが乾燥したら
型を割ります。

割った型の中にプラスチック溶剤を流します

割った型の中に
プラスチック溶剤を流します。

完成

完成。

  • 真空注型
  • 真空注型
  • 真空注型
お問合せ・無料見積り依頼
PAGETOP

Copyright(c) ADVANCE All Right Reserved.