設計

クライアント設計支援から試作製造へ流れをつくる

アドバンスの新製品開発支援は、製品開発の目的や思想の理解から始まり、設計デザインを掌握したうえで「ものづくり」へと流れを作り上げます。

試作品設計段階におけるモデリングと詳細設計では クライアントの目線に立ったものづくりを提案。
データからものづくりまで見据えたリレーションシップで、製品の未来を応援します。

アドバンスでは、クライアント各社が使用する最新のCADソフトを複数備えています。
各クライアントとのインターフェースとして設計やデータの受け渡しをスムーズにし、設計情報の確実な把握と試作品製造の納期短縮を図っています。

アドバンスで設計受託するとともに、アドバンス・グループの派遣会社アモルデイジから技術者を派遣することもできます。
クライアントの設計を支援しながら試作品製造までの流れを切れ目なく進めることで、リードタイムを短縮します。

クライアントからのデザイン情報に基づき3次元CADやデザイン系ソフト を駆使してモデリング【意匠設計】

コンセプトやデザイン条件を理解したモデラーが、その先にある詳細設計や試作製造、さらに量産を視野に入れた意匠データを作成します。
モデリング作業は、適宜デザインレビュー(DR)によりクライアントの確認を得ながら作業進行します。
クライアントが作成した3Dデータをご指定の形状に変更する作業や、ご希望により加工・具現化する際の問題点を解消するモデル修正にも対応しています。

クライアントからのデザイン情報に基づき3次元CADやデザイン系ソフトを駆使してモデリング【意匠設計】

既存製品の形状測定、動作観察、ソフト解析などから設計情報を調査する【リバースエンジニアリング】

既在する製品のバージョンアップや改良の際に設計情報がない場合、3Dスキャニング計測により正確な実測データを取得、モデリングによって3Dデータを作成します。
スキャンデータのSTLやCADデータを応用して試作品製造工程へとつなげます。

既存製品の形状測定、動作観察、ソフト解析などから設計情報を調査する【リバースエンジニアリング】

意匠設計と合わせ機能や機構を試作する【詳細設計】

まず意匠設計からモデリングを行って形状を確認したあと、製品に持たせたい機能と機構を盛り込んだ試作のための詳細設計を行います。

各種機構を盛り込むことにより意匠との兼ね合いで調整が発生した際には、試作製造の経験に基づくものづくりの観点から解決策を提案します。

意匠設計と合わせ機能や機構を試作する【詳細設計】

グループ内企業から設計のプロフェッショナルを【技術者派遣】

アドバンス・グループの人材派遣会社アモルデイジでは、設計技術者の派遣を行っています。ご要望に応じて最適な人材を派遣することにより、スムーズで流れのある新製品開発をサポートします。

インド国籍やベトナム国籍の技術者も在籍していますので、国際化するプロジェクトメンバーとのコミュニケーションにもお役立ていただけます。お気軽にご相談ください。

お問合せ・無料見積り依頼
PAGETOP

Copyright(c) ADVANCE All Right Reserved.