切削加工

アドバンスの得意分野「切削加工」
アドバンスでは、最先端マシンの運用技術実績はもちろん、切削加工の基礎となる手加工の
ノウハウを活かし、機械加工・彫刻機、さらに仕上げ技術において高精度な品質を提供します

切削加工はもっともポピュラーな試作製造方法で、工作機械で多種多様な切削方法を実現できます。それだけに裏返せば、作りたい試作品の形状や用途・材料・加工技術のマッチングいかんによってその成果に差が出やすい製造方法です。
カメラ・事務機・自動車・電子機器・航空宇宙などの業界における精密機構パーツや外装部品、ヘッドライトのレンズなどの試作品製造で、アドバンスの切削技術は多くの企業からの大きな信頼を築き上げています。

国内・海外の生産拠点に保有する合計100台超の切削機械設備

アドバンスの高精度な切削技術は、複数工場からなる大きなキャパシティにより短納期ニーズに対応します。
国内外の各拠点に設置された生産設備はマザーファクトリーで一元管理され、24時間365日体制のもと隙のない生産スケジュールを常時更新しています。
約80台のロボドリルをベースに、同時5軸マシン、マシニングセンター、複合旋盤など最先端マシンを設備。最新CAD/CAMを駆使して最良最適なNCプログラムを供給し、品質・寸法精度を追求してクライアントのニーズにお応えします。

国内・海外の生産拠点に保有する合計100台超の切削機械設備

樹脂切削加工

アドバンスで最も得意な工法が樹脂切削です。
各種の汎用エンプラ、スーパーエンプラに対応します。難削材料に分類されるガラス繊維強化プラスチックの切削加工も経験豊富で、カメラをはじめ事務機などあらゆる樹脂製部品の試作に対応しています。
透明樹脂加工(アクリル材)には定評があり、導光パーツやランプ・レンズなどの試作品に多くの実績を上げています。例えば、自動車やバイクの前照灯試作において、ケース・レンズ・リフレクタ―の部品すべてを製造し、研磨・蒸着・塗装・鍍金・アセンブリ確認までの全工程を一貫して担当します。

樹脂切削加工

金属切削加工

アルミニウムやマグネシウムなどの軽金属、鉄、銅、チタンなどの金属元素は製法や配合によって数限りなく合金化され、それぞれに性質や用途を異とします。
アドバンスのエンジニアは多彩な金属材料の性質に精通しており、材料特性に応じた最適な加工方法によって極めて高い精度の試作品を提供しています。
試作品の形状や用途による材料選択、二次処理に関するご相談に的確にお応えします。

金属切削加工

同時5軸ロボドリル
同時5軸マシニング
同時5軸複合旋盤

従来では複雑な形状の切削加工は、製品の完成までに何度かセッティングを変えて位置決めをする、角度を調節するなどの手間と時間のかかる段取りが必要でした。

同時5軸マシンは、これらの段取りを一切なくし、人間の手の動きを再現する複雑な加工を一度のセッティングで可能にし、これまでの3軸加工機では叶わなかった形状を実現できます。

その仕組みは、機械可動軸がX軸・Y軸・Z軸の3軸の3つに加え、B軸・C軸を加えた5軸を同時に動かす事により、さまざまな角度から切削加工ができるというものです。
一回の段取りで多方向からの加工が行えるため、セッティングを変えるたびに起きる微妙な位置ずれも解消でき、寸法精度の高い製品を実現します。

アドバンスでは、これらの5軸対応の最新設備を各工場に配備し、リードタイムの縮小による納期短縮と高精度をクライアントにお届けしています。

同時5軸ロボドリル同時5軸マシニング同時5軸複合旋盤
お問合せ・無料見積り依頼
PAGETOP

Copyright(c) ADVANCE All Right Reserved.