3Dプリンター

アドバンスは早くから光造形技術を導入し、長年にわたり多くの試作品を製造してきました
そこで蓄積してきた高度な積層技術から生まれたのが
アドバンスの誇る3Dプリンター造形技術です

アドバンスでは、モデリングによる造形データ作成から具現化までを一貫してお引き受けしています。
ものづくりを考慮した設計データを作成することにより効率的な造形サービスを提供します。

アドバンスの造形技術

3Dプリンターは高速の製造方法で、いち早くモデルを具現化させることができるためデザインなど完成イメージを検討する段階で活用されています。

切削加工では困難な中空構造や微細形状・アンダー形状を一体成形することが可能であるため、形状確認に適しています。

アドバンスは、3Dプリンター・光造形で造形したモデルを石膏鋳造や真空注型のマスターへ流用。また造形後の表面処理を施すなどの工程もグループ工場内で対応するため、他の製造サービスへのリレーションがスムーズです。
試作品製造を一括してお任せいただくことで、効率性を高めリードタイムの短縮へと繋げていくことができます。

アドバンスの造形技術

多種多様な3Dプリンター造形

3Dプリンターは、FDM方式(熱溶解積層)や粉末固着方式、光造形、金属焼結方式といった製造方式のバリエーションが広がっています。

複数物性の混合造形やフルカラー造形など多様な造形方法も含め、アドバンスのエンジニアがクライアントのご相談にきめ細かくお応えします。

アドバンスでは製造分野の他に、建築、医療、教育、先端研究など、あらゆる分野における3Dプリンターの活用にも取り組んでいます。

多種多様な3Dプリンター造形

光造形のプロセス

  • 3次元モデルの作成

    3次元モデルの作成

    CADやCT/MRIの測定データから3次元モデルを作成します。
  • 断面データの作成

    断面データの作成

    立体データをSTLフォーマットに変換し、指定された厚さごとの断面データを作成します。
  • レーザを液状の光硬化性樹脂に照射

    レーザを液状の光硬化性樹脂に照射

    断面データに基づき、レーザを液状の光硬化性樹脂の表面に走査します。
    レーザが照射された部分のみ液状樹脂が硬化し、テーブル上に一層分の断面形状が形成されます。
  • 各断面形状が積層、モデルを形成

    各断面形状が積層、モデルを形成

    テーブルを一層ごと降下し、樹脂を塗布してレーザ照射する工程の繰り返しにより各断面形状が積層され、モデルを形成していきます。
  • 完成

    完成

    3次元モデルが完成、最後にテーブルが上昇しモデルを取り出します。
  • 光造形機
お問合せ・無料見積り依頼
PAGETOP

Copyright(c) ADVANCE All Right Reserved.